土曜日, 2024年4月20日

ストレス耐性は人によって変わる!?自分に合った方法を模索しよう

ストレス耐性は人によって変わる!?自分に合った方法を模索しよう

まずは性格診断をして自分を知ろう

自分の性格を把握しているかどうかで、ストレスの溜まりやすさは変わります。ストレス解消法を探す前に、自分の性格を分析してみましょう。例えば友達と一緒にいるとストレスが解消する人もいれば、ひとりでいたほうがリラックスできるという人もいます。まずは自分の性格診断をしてみて、それからベストな方法を模索していきましょう。

ストレス解消法を実践する上で大切なのは、自分に合っているかどうかです。合わない方法では逆効果になることがあります。つまりはある人にとってはストレス解消に役立つ方法が、別の人にとっては逆にストレスを引き寄せる原因になったりします。実際に試してみて相性が悪い、イマイチ実感できないといったストレス解消法であれば続けるのは得策ではありません。

気持ちを安定させてストレス耐性を上げる

気持ちが不安定になっていると、ストレスが溜まりやすいです。そこで気持ちを安定させる意識をしてみましょう。気持ちの変動が激しい人は心に無理がかかるので、まずは心身を十分に休ませてください。睡眠の質を改善させれば、心にゆとりが生まれてきます。睡眠の質を高める工夫をするには、スムーズに入眠できるか、夜中に何度も目が覚めないか、寝起きがよいか、などに着目しましょう。

心が安定している状態はストレス耐性が高く、ストレスを遠ざけられます。すぐにイライラする人、その日によって気分が大きく変わる人などは、心のメンテナンスが必要かもしれません。必要に応じて精神科や心療内科を受診したり、睡眠導入剤を服用したりする方法も試してみてください。

心療内科を名古屋で探すなら、カウンセリングを重視しているところを選ぶと良いです。よく話を聞いてくれるところが、名古屋にはたくさんあります。

Back to Top